郵便局の投資信託の利点

郵便局の投資信託の利点

郵便局の投資信託の利点は、地域に密着したサービスが出来るということです。
大抵の郵便局の職員は、郵便局に訪れる人がどこに住んでいる人なのか、そして、年齢や貯蓄額などから判断して、どういった投資方法がいいかをより個人に最適な方法で提供することが出来ます。

また一つの株式に投資することは、リスクが大きくなりますが、株式投資と債券投資に資産を分散すれば、値動きが異なりますからよりリスクが少なくてすみます。
さらに、郵便局の投資信託は、野村証券や大和証券、それに日興証券などの投資信託を扱っていますから種類が豊富です。

郵便局の投資信託は一見、郵便局という保証された場での購入となりますから、リスクはほとんど感じられないように見えますが、やはり、運用していくのはそれぞれの投資信託会社であるため、元本の保証はされていません。
それで、郵便局のイメージで保証があると思い込んではいけません。

公的年金だけではゆとりを得られないセカンドライフを、退職金というまとまった資金を手にした時、運用を考えます。
懇切丁寧にいろいろな証券会社の投資信託を比較しながら、自分に最適な投資信託を郵便局で見つけることによりリスクは伴うことは理解しても、安心感を得ることができます。