投資信託の分配金

投資信託の分配金について

投資信託の分配金は、投資信託の資産運用により得られた収益を投資家に還元するものであり、投資信託の決算時に支払われます。
1年ごとあるいは半年ごとに分配金が支払われる投資信託が主流ですが、中には3ヵ月ごとあるいは毎月分配金が支払われる投資信託もあり人気を集めています。

実は投資信託の分配金はすべての投資信託で支払われるわけではありません。
分配型の投資信託では定期的に分配金が支払われますが、分配金を現金で投資家に支払わずそのまま同じ投資信託に再投資する再投資型投資信託や、分配を一切行わない無分配型投資信託もあります。
投資信託の分配金には税金がかかりますので、無分配型のほうが課税繰り延べ効果が期待できます。

投資信託の運用収益、すなわち株式の配当、債権の利子、株式や債券の売買益などから、投資信託の分配金は支払われます。
また、株主優待も出来る限り現金化されて投資家に還元されます。
チケットショップに株主優待券が大量に出回る原因の一つです。
分配型あるいは再投資型の投資信託であっても、収益のうちのどれくらいの部分を分配金として投資家に還元するかは投資信託ごとに方針が異なります。

投資信託の分配金が支払われるとそれだけ投資信託の基準価額が下がります。
投資信託の購入価格は投資家ごとに異なるので、いくら分配金が多くても基準価額がそれ以上に下がってしまっては投資成果はマイナスになってしまいます。
最近では分配回数や分配金の多い投資信託が人気を集めていますが、日々の基準価額の変動にも注意が必要です。