公社債投資信託と株式投資信託

公社債投資信託と株式投資信託について

投資信託の種類はあまりにも沢山あるために理解がしにくいのが現状です。
そこでここに投資信託の種類についてまとめてみなさんの投資信託の参考にしていただきたいと思います。
投資信託の種類を分けるもっとも大きな分類方法は投資(運用)対象による分類で「公社債投資信託」と「株式投資信託」の2つです。

公社債投資信託」と「株式投資信託」の違いは、「公社債投資信託」が国債や地方債や社債などの公社債だけで投資信託を運用するのに対して、「株式投資信託」は公社債の他に株式を組み込んでより多用な資産を使い投資信託を積極的に運用します。
「公社債投資信託」と「株式投資信託」にはさらに募集方法の違いにより「単位型(ユニット型)」と「追加型(オープン型)」にそれぞれ細かく分けられています。

投資信託の募集方法の違いにより、「単位型(ユニット型)」という決められた募集期間に集まった式だけで投資信託を設定し、締め切り後に新しい資産の追加が出来ないものと、「追加型(オープン型)」という投資信託設定から償還までの信託期間が決められておらず、設定後に投資信託の新たな購入や換金がいつでも出来るもの2種に分けられます。

「アクティブ型」と「インデックス連動型」という運用手法の違いによる分類方法もあります。
「アクティブ型」とは担当のファンドマネージャーの独自の読みと判断によって投資対象や銘柄の投資額や銘柄を変えるタイミングを決定死闘し信託を運用するものです。
一方「インデックス連動型」とは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの代表的な株価指数を参考にして、それらに連動する投資信託を運用するものです。
その他にも国内投資信託や外国投資信託など多くの分類があり、それらを組み合わせることでリスクやリターンの違いがある多様な投資信託の種類があります。