ベトナムに投資する投資信託

ベトナムに投資する投資信託について

ベトナムに投資する投資信託がどんどん設定されています。
ここ数年はBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に代表される新興工業国への投資が盛んに行われていましたが、BRICsの次の投資先として年7〜8%の経済成長を遂げているベトナムが注目を集めています。

当のベトナムの経済成長は中国に次いでアジアで2番目に高く、約8300万人の人口の半数が20才以下でコスト競争力に優れます。
国民性は勤勉で、政治的も安定しており治安も良好であることから、今後も高い経済成長が期待され、海外の投資ファンドによるベトナム投資信信託の増加が見込まれています。

ベトナムへの投資は海外の投資信託による金融投資だけではなく、日本、韓国や台湾の企業のベトナム進出も盛んになってきており、高い経済成長が見込めます。
また、ベトナム政府も市場経済の導入により国有企業の民営化を協力に推し進めており、投資先としての魅力が高まっています。

海外の投資信託はベトナムの株や債権に関する情報を積極的に収集し、慎重に分析しながらベトナムへの投資を進めています。
ベトナムの株式市場は数年前に誕生したばかりで規模もまだ小さいので、個人でベトナム株に投資するよりは、投資信託に運用をまかせてしまったほうがいいでしょう。