さわかみファンド

さわかみファンドについて

さわかみファンド」は、株式に投資し、長期的な信託財産の成長を目指す方針の株式投資信託です。
実際、現在までの運用をみると、ほとんどを日本の株式により運用しています。
運用方針にもあるとおり、長期運用を基本としていますので、短期的な資金の運用を目指す方にはお勧めできないファンドです。
信託財産留保額の設定もあります。
さわかみファンドは営業活動をおこなわず、主に直販の他はウツミ屋証券で取り扱いを行っているだけです。

ファンドを選ぶときの重要な要因として、利益をあげられるのかどうかという点がもっとも大きいのではないでしょうか?その点、さわかみファンドの運用実績はとてもすばらしいものです。
さわかみファンドのスタート時(1999年8月)の基準価格は10000円で、現在の基準価格は1万8516円(12月29日)です。
ほぼ現在開設時のほぼ倍です。
また、この運用実績のため、さわかみファンドの2006年12月末時点の純資産総額は、前年比25%増、発売7年で130倍の約2240億円。
となっています。
これは、運用方針が「長期投資」であり、す。
投資先は、主に日本の株式により運用しています。
運用する際は、割安な株式を購入し、その株式が割高となるまで保有することにより、利益を上げています。
現金比率も多いため、割り安な株を確実に手に入れることもこのファンドが強い秘密だとおもわれます。
また、求めている投資家についても、特徴があります。
短期の投機的な投資を目的としているわけではいため、1〜2年で何割か儲かったから売るというような投資家を対象としているわけではなく、さわかみファンドを信用して、10年、20年単位で、投資する投資家を対象としています。
そのため、信託財産留保額も設定されています。

では、実際さわかみファンドを購入するにはどのようにしたらよいか?また、購入するときの注意点などについて、以下にまとめました。
販売会社 さわかみ投信株式会社、およびウツミ屋証券株式会社 受託会社(信託財産の管理等) 日興シティ信託銀行 申込み単位 <ご購入>10,000円以上1円単位。
<ご解約>1円以上1円単位の「金額指定」、または「全額換金」。
口数指定では、お申込みいただけません。
申込みの受付 いつでもご購入・ご解約のお申込みが出来ます。
申込受付時間は毎営業日の午後3:00までとなります。
午後3:00以降のお申込は、原則として、翌営業日の受付け扱いとなります。
ただし、年末年始等の半日営業日は、午前11:00までの受付けとなります。
申込み価額 ご購入・ご解約などの計算には、原則として申込み受付けの翌営業日の価額を用います。
解約代金のお支払い 申込み受付けの日を含めて、5営業日目の支払いとなります。
信託報酬 純資産総額に対して年率1.05% 売買手数料 かかりません。
購入手数料・換金手数料は、いただきません。
信託財産留保金 換金手数料はかかりませんが、換金の際、1万口当たり基準価額の1.5%の率で信託財産留保金が控除されます。
但し、信託財産留保金控除前で計算した解約代金が50万円以下となる場合には、信託財産留保金は控除されません。
信託期間 無期限 決算 年1回、毎年8月23日(休業日の場合は翌営業日) 収益の分配 毎年、決算日に収益分配方針に基づいて、分配を行います。
ただし、基準価額水準・市場動向等を勘案して、分配を行わないこともあります。
当ファンドは分配金再投資専用ですので、分配金は税金が差し引かれた後で自動的に再投資されます。

さわかみファンドを運用しているのは、実質、澤上篤人さんにより、運用されています。
しかし、澤上篤人さんは、「ファンド仲間」と呼び合う顧客どうしが、全国各地で勉強会や交流会を自主的に開催しています。
社長や従業員が参加。
膝を突き合わせての対話の場では、資産運用のあり方から人生観まで話題が及ぶ。
 「ギブ、ギブ、ギブ、ギブ、ギブ、とことんギブ。
そしていつかは、ギブン」このような方が運用しているという点でも、魅力的なファンドといえます。